スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

わが家のプリンレシピは・・・ 

カスタードプリンを作りました。
先日、ある本の 「なめらかプリン」 を作ってみたら、なめらか・・・確かに なめらか、
でもプリンというよりカスタードクリームのような感じ。
そのなめらかプリンは、卵は卵黄のみ使って作られていました。

やはりプリンは・・・プルンというのが好き。

家にあるいくつかの本を見たらビックリ、本によってレシピが違う・・・違いすぎる~。
そこで思いました。プリンってなんでもOKなんだ~!
加熱さえきちんとできれば、なんでもOKなんだ~

さぁ! わが家のカスタードプリンを作ろう!

ってことで、わが家プリンを作りました。

  ab-71.jpg
加熱方法は、以前のチーズプリン記事と同じ、エコクッキングです^^

わが家のカスタードプリン その1

全卵・・・2個
卵黄・・・1個     ※余った卵白1個分はスープなどに入れるといいですね^^
牛乳・・・350ml
生クリーム・・・50ml
果糖・・・40g  ※砂糖の場合は50~60g お好みで
バニラビーンズ・・・1cmくらい


<作り方>
  1. 卵を割りほぐし、果糖を入れてよく混ぜる。
  2. 牛乳、生クリーム、バニラビーンズを小鍋に入れて火にかけ、
    沸騰直前に止める。
     ※バニラビーンズを鍋から取り出し、中の粒は少し入れます。
  3. 1 の中に 2 を少しづつ入れて混ぜる。
  4. 3 をこし器でこして、容器(耐熱ガラスor陶器)に入れ、アルミ箔で蓋をする。
  5. 大きめの鍋に布巾またはキッチンペーパーを敷いて、容器を入れ、
    容器の8分目くらいの高さまで水を注ぎ、中火にかける。
  6. 沸騰したら鍋に蓋をして、ごく弱火で1分加熱し、
    火を止めてそのまま20分置いて余熱で固まらせる。
    20分したら固まり加減を見て、足りないようでしたら、再度中火で加熱し
    沸騰させて5分くらい置いて下さい。
    ※容器や室温、容量などによって時間が異なると思います。
  7. 粗熱を取って冷蔵庫で冷やす。
わが家はカラメルソースをかけませんが (娘に聞いたらいらないと言うので^^)、
お好みでカラメルソースなどをかけて お召し上がり下さい

生クリームが入っているのでなめらかで、それでいてプルンとしたプリンです。
とっても美味しくできました~


この加熱方法は、すが入らず、上手に蒸しあがります。

余熱で蒸すからなのか、このレシピだからなのか?わかりませんが、
なめらかな仕上がりです^^


わが家のカスタードプリン その2

実は上記の その1 の前に、試したレシピ。
これも美味しいです

これは その1レシピより生クリームの量が少し多く、牛乳が少なめです。
このプリン、なんと! 上部にクリーム層ができて、下のプリンと2層になりました。
「お~!! クリーム層がある~」と盛り上がりました。
(レシピその1 でも、ほんのちょっぴりクリーム層はありますけどね。)

ab-70.jpg

<その2> レシピ

全卵・・・2個
卵黄・・・1個
牛乳・・・300ml
生クリーム・・・70ml
果糖・・・40g  ※砂糖の場合は50~60g お好みで
バニラビーンズ・・・1cmくらい

作り方は同じです。

実は私、卵白だけがたくさん残るのがいやなので、卵黄は1個のみです^^
でもとっても美味しかったですよ。

みなさんの “おうちプリン” 作ってみませんか?

牛乳を多くしたら、とろんとした ゆるゆるプリンになるらしいです。
どんなお味になるのか、それも試してみたいなぁ~。


harugohan.jpg


読んでいただきありがとうございます。
皆さまにとってステキな1日でありますように・・・53


ブログ村ランキング参加中です。
お手数おかけしますが ポチッとしていただけると とてもうれしいですニコニコ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ


コメントについて

仕事などで忙しく、もうしばらくの間 コメント欄を閉じさせていただきます。

『拍手ボタン』を設置しました、こちらの分はお返事できませんが、
何かメッセージなどありましたら、『拍手ボタン』のコメント欄をご利用下さい。

関連記事
スポンサーサイト

[2010/04/28 09:40] おやつ☆スイーツ☆パン | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。