スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

自然のちから(野菜) 

自然のちから・・・私たちが気付かないけど、
確かにあるもの。。。
色々な形で、色々なものに作用して・・・

昨年、夫が健康関係の講演会&懇親会で聞いた話によると

昔ながらの野菜を食べていたら、
人はとても元気でいられるということでした。

現代の様々な病気も、そんな野菜を食べていたら
治ってしまうとまでおっしゃっていたそうです

すごい~!!

昔ながらの野菜、その自然のちからと、
その栄養で・・・ということでしょうか。

  

ところで、昔ながらのお野菜って? と思いますよね。

それは、品種改良されていない昔から日本の土地で育てられ、
日本人が食べてきた野菜のことで、
『在来種』と言われる野菜のことらしいです。

市場に出回っている野菜は、ほとんどが品種改良された、
『F1種』と呼ばれるものだそうです。
売っている種を見ても、なぜか原産地は外国ですよね。

今でも、一部の方々によって在来種の野菜は守られ、
受け継がれているらしいのですが、
一般的な市場には出ないようです。

在来種の野菜は育てにくかったりするので、
どんどん味や形、育てやすさなど改良されたらしいです。
中には種子に放射線をあてて改良したものもあるそうです。

とっても美味しい野菜は、
うれしいですし、
新鮮な野菜には力を感じます。

でも

栄養は変わらないとしても、
 在来種はもっと目に見えない
自然のちからがある ということなのでしょうね。
植物(自然)の生命力とか・・・

  

とっても美味しいF1種の種子を取って撒いても、
同じ品種のものは育たないそうです。
とてもバラつきがあり、さらには、違うものが出てくることも。
なので、農家さんは
良いものができたとしても、次の種子はそこから取れず、
また新たに購入するのだそうです。
 昔は種を自家採取していたそうですが・・・

そんな話を夫がお客様にしたところ
その方が「なるほど~!! それでわかった!」と・・・
スーパーで買ったかぼちゃがとっても美味しかったので、
家でできたらいいなと、その種を撒いたのだそうです。

その種が育ち、実を付けたのですが、
スイカだったのだそうです
スイカは植えた覚えがないのにおかしい・・・
と思っていた疑問が解けたと言われていました。

きっと、その南瓜の甘さは
西瓜の甘さとのかけあわせだったんでしょうね。
 どんなに立派で、どんなに美味しくても
F1種は次世代に繋がらないんです。

在来種の野菜って、どんなのでしょう。
とっても貴重なものですよね
こんな話を聞いたら、とても憧れてしまいます

お野菜(在来種)の中にある 『自然のちから』
とても気になります。

※もっと知りたい方は、インターネットで調べてみて下さいね。
在来種の種や野菜を販売しているところもあるようです。


yasai03.jpg


読んでいただきありがとうございます。
皆さまにとってステキな1日でありますように・・・

ブログ村ランキング参加中です。
↓ポチッと応援お願いします。とても励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urarakanakaze.blog23.fc2.com/tb.php/186-fef84e05


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。