スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オクラとツナの冷しうどん 

ある休日のわが家の昼ごはん
オクラとツナの冷しうどんを作りました。

ab-112.jpg

写真ではわかりにくいかもしれませんが、もやしものせています。
オクラ・・・軽く茹でてから切りました。もっとたくさんあってもいいですね。
煮卵・・・時間が短いため味が中まで染みてません

わが家の冷やしうどんは、先日の記事(冷しうどん)にもありますように、
麺つゆをかけて、食べ進みながら色々な味を楽しみます。
それで、薬味などトッピングするものをテーブルに置いて、
色々ちょこっとづつ加えて楽しみます^^

ab-111.jpg

この日は、すだち・山芋・青しそ・白すりごま

夫は さらに納豆ものせていました。

それを見た次男が「え~! 納豆も!」
私「オクラと山芋と納豆ときたら・・・ねばねばトリオって^^」
(私の中ではね^^ パーフェクト☆トリオです) 

ニコ~と笑いながら 次男「僕にも納豆入れて」
次男「うま~!!」 ・・・と目をまん丸くして言っておりました^^


もうすぐ夏休みがきますね~。ほんとに早いですよね。
夏にぴったり、元気の出る冷やしうどんいかがですか~。

 

簡単にですが、煮卵の作り方を・・・実は汁で煮ていません。
(確かこんな感じでした)

  1. 卵を冷蔵庫から出して常温にする。
  2. 鍋のお湯が沸騰したら卵を入れる
  3. 8分加熱してすぐに鍋から出し、水で冷やす。
  4. 殻をむいて、汁(わが家はだし汁、醤油、果糖)につける。
    ※汁は冷めたものです。熱いとせっかくの半熟卵が固まるかも。

長い時間つけるほど、中まで味が染みます。
汁の味加減は、あまり濃くないほうがいいそうですが、
わが家は短時間のため、ちょっと濃いめにします。
短時間でも、外の白身には味が染みるので、美味しいです。

卵の茹で加減は、ガスレンジの火力や時間で調整して、
皆さんの好みの煮卵を作って下さいね。
沸騰したところに入れると、白身はしっかり固まり、黄身は半熟になります。
わが家の場合、8分だと上記写真の感じ、
以前に7分にしたら黄身がトロ~としてて・・・
7分30秒がいいのだろうか?と思っているところです。

次回作る時は7分30秒にしてみます^^


※煮卵は昨年の年末にTV番組の『はなまるマーケット』で
作り方を知ってから、わが家の麺類の時に時々登場しています。
はなまるマーケットの携帯サイトで過去レシピ検索ができるようです。
詳しくはそちらでお調べ下さい。

ispoon_20100707140416.jpg 

読んでいただきありがとうございます。
皆さまにとってステキな1日でありますように・・・

ブログ村ランキング参加中です。
↓ポチッと応援お願いします。とても励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urarakanakaze.blog23.fc2.com/tb.php/198-93c8717c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。