スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ほんのりピンクの いちごチョコ大福 

娘とほんのりピンクのいちごチョコ大福を作りました。


いちごチョコ大福


白あんではなく、ホワイトチョコレートでいちごをコーティングし、
苺を入れたほんのりピンクの大福生地でくるみました。
ピンクの生地はやさしい苺の風味がしました

「わぁ これは美味しい」ととっても好評でしたよ

私も娘も白あんよりホワイトチョコのいちご大福のほうが好きかも

主人はあん好きなので
「白あんのいちご大福も捨てがたいなぁ」と言っていましたけどね^^


120gの白玉粉で10個作りました。
(この白玉粉の分量にいちご4個を入れてピンクに)

ホワイトチョコレートの板チョコ1枚(40g)で5個分。
大福生地もチョコも薄めにしましたが、
とても満足感はあり、それでいて2個食べても重くないです^^

昼過ぎ、娘とさぁ作ろうと思ったら・・・あれっ白玉粉がない
「もうお母さんったら~ すぐ買ってきて」と言われ、
「じゃ すぐ行ってくるから、いちごにチョコつけておいてね」と
娘にチョコのコーティングをお願いし、
チョコも1枚じゃ足りないかもしれないから買ってくるね・・・と言って、
あわてて買いに走ったのでした(車でね)


買い物から帰ると、
娘はホワイトチョコを溶かして、ちゃんとやってくれていました。
ちょこっとゴツゴツだけど^^



 「けっこう難しくってデコボコ^^ いちご5個でチョコ終わったよ」

・・・ ホワイトチョコ 買い忘れた。
他の物をついで買いしている間に、すっかりチョコを忘れたのでした
 
あと5個 何入れようか・・・、そういえば生クリームがあった
生クリームといちごを入れることにしました。
(あぁ 生クリームがあって良かった)

下の写真手前2個がホワイトチョコのいちご大福
奥のちょこっとデコボコしているのが、
刻んだいちごと生クリームのいちご大福です^^

ほんのりピンクの いちごチョコ大福

生クリーム入りも美味しかったけど、
やっぱりホワイトチョコがオススメです

生クリームのほうはちょっと包みにくくて、
一つめなんとか包めた娘、
二つめもうまくいくか・・・と思ったら、
ネバネバきましたー
 「あぁ ネバネバ手にくっつくぅ、生クリームはみ出るぅ」
なんとか包もうと頑張っていましたが、
今回も 「もう食べちゃう」と
未完成のままパクリ 「おいしぃ~」 でした。


作り方は 続きを読む に。


皆さまにとってステキな一日でありますように・・・

** お手数でなければ、お願いします **
ブログランキングサイト
にほんブログ村 ライフスタイルへ FC2ブログ☆ランキングへ




line201.gif

ほんのりピンクのいちごチョコ大福


<今回の分量> 10個分

*** 大福生地 ***
白玉粉・・・120g
いちご・・・4個
果糖・・・30g  
水・・・80ml前後
   ※注意:水は、いちごの水分量により変えて下さい 

片栗粉(打ち粉用)・・・適量

*** チョコレートコーティングいちご ***
いちご・・・10個
ホワイトチョコ・・・80g~100g


※生地、チョココーティングは薄めの分量なので、
 厚めにすると10個分に足りなくなるかも。

※今回、いちごは中サイズ4個で 計ったら76gでした。
 いちごの量により色も変わるのでいろいろお試しください^^

※果糖ではなく砂糖使用の場合は40gくらいに。

※ホワイトチョコはよくある板チョコなら2枚分くらい^^


※この生地は糖分控えめのため、冷蔵保存すると固くなりますので、
常温で当日中にお召し上がり下さい。


<下準備>

いちごをチョコレートでコーティング

いちごは洗ってヘタを取り、水分を拭き取って竹串などにさしておく。
ホワイトチョコレートを湯せんなどで溶かし、
いちごにかけてコーティングし、カップなどに立てかけておく。



※わが家の分量は薄めなので、
固まったチョコレートが美味しいと思いますが、
もっと厚くする場合や、やわらかいチョコレートにしたい場合は、
ほんの少し生クリームを加えるといいと思います。


<大福生地の作り方>

蓋のある容器を使い電子レンジで作ります。

わが家は 『磁性鍋』 を使用しています。
電子レンジのマイクロ波をお鍋の中は遠赤外線に変える、
体にやさしい電子レンジ専用鍋です^^


1. いちご4個を洗い、ヘタを取って水気を拭き取り裏ごします。

2. 蓋のある容器に白玉粉と果糖(または砂糖)を入れ、
つぶをつぶすように混ぜます。
さらに裏ごしたいちごを加えて混ぜ、
少しずつ水を加えては全体に混ぜ合わせ、
水を入れ過ぎないように様子を見ながらよく混ぜます。
(よく耳たぶくらいの硬さと言われています。)

白玉粉のつぶが完全に溶けるまでよく混ぜます。





3. 蓋をして電子レンジで2分加熱したら取り出して、
ムラがあるので全体をよく混ぜ合わせます。


 


4. 蓋をして1分加熱し、取り出して全体を混ぜ、
さらに蓋をして30秒加熱。


5. 全体をよく混ぜ、熱が通ってツヤが出てなめらかになっていればOK。
(※まだ足りないようでしたら、30秒加熱)



なめらかツヤツヤに。


6. 生地がやわらかいので、スプーンですくって、
片栗粉を敷いたバットに10等分にわけておく。

※またはバットに置いてから10等分にわけてもOK。
その場合、手でちぎるのは難しいので、
スケッパーなどでカットして下さい。

7. 手でさわりやすい温度になったら、
大福生地の表面に片栗粉をつけ、
手にも片栗粉をつけて生地をとり、ひろげて、
チョコでコーティングしたいちごを包み、
形を整えて完成です。

※注意・・生地が熱いとホワイトチョコが溶けちゃいます。
アッツアツでないほうが包みやすいです。


娘がいちご大福を食べながら、
「みかん大福も作りたいね^^」

そう言えば・・・、

昨年春にいちご大福を作ったときも、そう二人で言ってたのだった。
あぁ 残念、みかんの美味しい季節は過ぎてしまいました。
みかん大福、作ってみたいな・・・また忘れるのかな


関連記事
スポンサーサイト

No title

苺大福、大好きなので
この画像・・・たまりません!
ホワイトチョコレート、美味しそう ♪
ピンク色の苺大福を見ると春を感じます^^
作ってみようかな~って思うけど
カナダ人は量が勝負・・・
つい、簡単で大量に作れるレシピに走ります(笑)
だから、体重が増えるばかりで困ってます(汗)
[2012/01/20 13:27] *cranberry* [ 編集 ]

*cranberry*さんへ

こんにちは。
*cranberry*さんも苺大福大好きですか^^
美味しいですよね。
最近スーパーでよく見かけて、とても食べたくなって・・・、
あんより手軽なホワイトチョコレートで作ってみました^^

> ピンク色の苺大福を見ると春を感じます^^
ほんと。ピンクって暖かな春を連想しますね。
トロントの気温は毎日氷点下なんですよね?
日本も新潟のほうとかは、今年は雪がたくさん降ってるらしいです。
寒いととても春が待ち遠しいですね。
[2012/01/22 11:06] 七桜(nao) [ 編集 ]

No title

わぁ♪ピンク色のいちご大福❤
とっても幸せな色とかたちですね~(^^)
私ホワイトチョコが大好きなんですよ!
大福もいちごももちろん好き♪
なんだかお口の中で甘~い感触が広がる気がします。
お嬢さまと作るお菓子ってきっとHappyなお味でしょうね^^
それぞれの写真のそれぞれの器が可愛いですね♡
写真見てお話聞いてレシピ読んでたら
とてもあたたかな夜になりました、ありがとうございます~(^^)v
[2012/01/22 21:12] 花。 [ 編集 ]

花。さんへ

こんにちは。
ピンク色のいちご大福です^^

> 私ホワイトチョコが大好きなんですよ!
> 大福もいちごももちろん好き♪
それぞれで美味しいですよね☆
それを一つにしたら、やっぱり美味しかったです^^

花。さんの可愛い雪だるまを見たら、
白い大福を重ねて、雪だるま風にしてみたくなりました♪
この辺りは雪がちらつくことはあるのですけど、
積もることは少なくて・・・。
白い大福重ねてみようかな(笑)
[2012/01/23 10:22] 七桜(nao) [ 編集 ]

No title

こんにちは♪

ちょうどね、和菓子作りに挑戦してみたい!と思い
「はじめての」とか「電子レンジで作る」とかの和菓子本を
図書館から借りまくってきたところなのです(苦笑。

苺大福、いいですね♪今の季節にぴったり♪♪♪
真似っこしたいです~♪
[2012/01/26 02:44] みつき [ 編集 ]

みつきさんへ

こんにちは♪

ちょうど和菓子作りしようと思ったところでしたか^^
ぜひ電子レンジで大福生地を作ってみて、
あまりにも簡単にできるのでびっくりしますよ♪

あんの苺大福も美味しいですけど、
ホワイトチョコレートの苺大福はほんとおすすめです♪
思い立ったらすぐ作れますしね。
ホワイトチョコが固まるので、あん苺より包みやすくて、
食感も楽しめて・・・、苺ミルク味が美味しいです♪

スーパーには美味しい苺がたくさん並んでいますよね。
自分で作る苺大福は、買ったものより美味しいですよ。
ぜひ作ってみて下さい^^
[2012/01/27 14:04] 七桜(nao) [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urarakanakaze.blog23.fc2.com/tb.php/441-50241782


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。