スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

梅シロップ&梅ジャム 

7月上旬に梅シロップを作りました。


梅シロップ


今回は冷凍してから作りました。
(梅 1kg  果糖 900g)

わが家は、仕込んでから3~4週間(一般より長め)置いておくのですが、
今年は作るのが遅く、毎日暑くなったので2週間で完成としました^^
梅を取り出して、シロップは別容器に移して冷蔵庫で保存。

夏にピッタリ! ジュースやゼリーにしたり、
お味噌や醤油と混ぜてほんのり梅風味のタレを作ったりします


さっそく味見を^^
シロップを水で薄めて、爽やか梅ジュース。


梅ジュース


梅ジュースとわかるよう、梅を入れてパシャリ

このしわしわになった梅も美味しい
このままでも美味しいのですが、梅ジャムにしました。
美味しい梅ジャムが簡単にできましたよ^^

生梅からの梅ジャム作りは過去の記事を→ 梅ジャム作りました

全部梅ジャムにしてしまったので、
そのまま食べるのが好きな次男が、
「えっ? 全部ジャムにしたん?」と残念がってました


以前(4週間置いたもの)に作った梅ジャムよりも、
今回(2週間置いたもの)の梅ジャムのほうが美味しい。

置いた期間の違いによるものなのか、
梅の質の違いなのかわかりませんが、
以前に作った時は風味がちょっと抜けてた感じでした。
今回はとても風味も味もよかったです。

ジャムも作る場合、2週間くらいで取り出すのがいいのかな?


** お手数でなければ、お願いします **
ブログランキングサイト
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ FC2ブログ☆ランキングへ


梅シロップの梅を取り出して
梅ジャムを作りました。

爽やか風味の 梅ジャム


爽やかな梅のジャム、アクの苦みもなく美味しく完成しました。
生梅から作るより簡単で、酸味はまろやかで食べやすいかも。

生梅からジャムを作った時、アクを取るのが大変でした。
しっかり取ったつもりでも、完成したら苦みがあったりして、
その点、梅シロップの梅は、そのまま食べても美味しい^^


さて、今回の 梅ジャムの作り方 です。
※私は果糖で作っています。

1.鍋に梅と水を入れ、3~4分茹でながらアク(泡)を取り除く。
※しわしわな梅は3~4分茹でましたが、
2個あったふっくら柔らかい梅は崩れるので早めに取り出しました。
(ふっくらした梅は茹でなくてもいいかもしれません)




そのまま食べても美味しい梅シロップの梅ですが、
茹でたら少しアクが出ました(泡が出ています)。
(うっかり 琺瑯でなくステンレス鍋でした)

茹でると少し残っているアクが出て、
種を取り除くのもしやすくなります^^


2.梅を取り出し、フォークの背などで実を種からそぎ落とす。
種を取り除いた実の重さを計る。
※一般的に砂糖は実の重さの40%くらいが目安のようです。
果糖はその分量よりも少なめに。私は今回30%にしました。

3.鍋に実を入れ、水を適量加え、果糖(砂糖)を加えて煮詰めて完成。
※実が含んでいる水分量が異なるため、
水分量は明記することができません^^;


梅ジャム作り

※梅ジャムは冷めると固めになるので、
固く煮詰めすぎないようにしましょう。

パンにつけたり、スコーンに添えたり、
タレ作りにも使えますよ。

梅シロップの梅でジャム作り、とてもいいですね。
シロップは美味しく、ジャムは簡単に作れてアクもなく酸味もまろやかで、
美味しいジャムが作れました。


さて、今日は次男の三者面談です。
休みに入ってからある面談、
うっかり忘れないかと気になったりしますf^^;
長男、娘は済んだので、今日が終わったら ホッ です。

皆さまにとってステキな一日でありますように・・・
関連記事
スポンサーサイト

[2012/07/30 10:00] 季節を楽しむ(料理) | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urarakanakaze.blog23.fc2.com/tb.php/542-4b03cce8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。