スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

わが家のイチゴ大福(苺チョコ大福) 


最近 スーパーへ行くと、
入口入った正面に たくさんの美味しそうなイチゴが並び、
さらに イチゴの隣には・・可愛いピンクのイチゴ大福。
行くたびに、見るたびに思う、
・・・イチゴ大福 食べたいなぁ ・・・

先週 スーパーでまたイチゴ大福を見て、
と~~ってもイチゴ大福を食べたくなったので、
平日だったけどf^^ 昼休みにイチゴ大福を作りました^^


苺チョコ大福


わが家のイチゴ大福は・・苺チョコ大福。

白あんではなくて、
ホワイトチョコでコーティングしたイチゴ大福です♪
私も家族も あんのイチゴ大福よりもお気に入りなのです。
材料を揃えるのも楽なので、思い立ったらすぐ作れますしね^^
(白あんを作るのは時間がかかりますからね

それに、白あんのイチゴ大福よりも、あっさりしてて軽いのです


苺チョコ大福


今回は大きめのイチゴを使いましたよ。
1パック6個入りの5個を大福に、1個は大福生地に練りこみました。

添加物の食紅は使いたくないので、
大福生地の水分にイチゴも使って
自然な可愛いピンク色の大福生地に。

でも、今回は大きめイチゴ1個だったので、色があまり出なくて、
ちょうどフリーズドライのイチゴがあったので、
2個分を粉々にして加えましたが、
それでも、まだうす~いピンク色ですねf^^
以前に作った時は、イチゴを4個入れたので、
可愛いピンク色でしたよ。
< その時の記事&レシピはこちらに →  >

イチゴのやさしいピンク色が、やっぱり自然で美味しそうと思います^^


今回は大きめのいちご6個で、大福生地が余ったので、
ひと口サイズの ミルクチョコ大福 も作りました。


苺チョコ大福


ミルクチョコをパキパキッと割って入れました^^
食べた時に チョコがパキパキッとした食感ですけど、
このパキパキと大福生地のモチモチ食感が意外といいのです

イチゴ大福のホワイトチョコも、
パリパリッとしてますけど、それがお気に入りです。
チョコがパリッとするけど、お口の中で溶けていって・・・、
そして、やわらかモチモチ大福とジューシーいちごとのハーモニー
それがなんとも美味しいのです

(お話はまだ続くf^^ Read More へ)
** お手数でなければ、お願いします **
ブログランキングサイト
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ FC2ブログ☆ランキングへ


チョコ大福

今回はもち粉 120g で作りました。
(前回作った時は白玉粉120gで)

大福生地の糖分は前回よりもグッと控えめ、
果糖小さじ1杯くらい、塩ひとつまみ入れました。
(一般的には、もち粉の40~100%くらいの量の砂糖を入れるらしい)
糖分が少ないと大福生地が硬くなるらしいけど、
イチゴも入れていたからか?糖分控えめでも大丈夫でした。
ほんのり自然な甘みでわが家好み

夜に長男が食べたけど、生地は柔らかかったです^^
当日食べるのなら糖分は控えめでも大丈夫なのかもね。

当日中に食べない場合は糖分を多めにすると、
冷蔵庫に入れたり 翌日も生地が柔らかいらしい。
わが家は数は少なく当日中に食べきることにしてるので、
糖分は控えめにしています。
当日中のほうがイチゴも美味しいですよね。


ホワイトチョコのコーティングもなるべく薄めにしています^^
ずいぶんムラがありますがf^^;


苺チョコ大福

板チョコはギリギリの分量で作るので、
チョコフォンデュみたいにつけることができず^^;
スプーンですくってはイチゴにつけましたが、
少ない量なのですぐ冷えて硬めになってムラに
今の季節は少し保温したらいいのかな?・・・。

なんだか このままでも美味しそうですよね。
ホワイトチョコフォンデュみたいで^^

苺チョコ大福、大福生地が余ったらチョコ大福にできるし、
もし大福生地が足りなくなったら、
チョココーティングのイチゴはそのまま食べられるし、
分量気にせず作れていいかもね^^


最後までお付き合いいただきありがとうございます。
皆さまにとってステキな一日でありますように・・・
関連記事
スポンサーサイト

[2013/01/21 09:30] おやつ☆スイーツ☆パン | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urarakanakaze.blog23.fc2.com/tb.php/649-e8f24776


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。