スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

紅葉をもとめて剣山へ*出会い その2 


下山時にこの風景の写真を撮り


剣山からの風景


綺麗だねぇ 気持ちいいねぇ なんて言いながら、
その場を立ち去ろうとした時、

通りがかった人が「あそこに・・・」と
小さな声をかけて下さった。



「あそこに 鹿がいますよ^^」

えっ? と、その指さす方(山道から下の方)を見ると、
なんと!! 鹿がのんびりお食事中@@
わぁ ぜんぜん気づかなかった。

登って来られたそのかたは、
私たちがまったく違うところにカメラを向けてたので、
気づいてないと思って声をかけて下さったのでした。
「鹿撮ってると思ったぁ^^」 ってf^^




(焦点距離35mm換算 200mm トリミングなし)


自然の中で初めて鹿と出会いました♪
意外と近く感じ、逃げられないようにヒソヒソ小声で話す。

それにしても、
風景を撮りながら主人とペチャクチャ話していたけれど、
よく逃げなかったものですね@@





もぐもぐ 食べる





もぐもぐ もぐもぐ 食べる

・・・ 人の視線を感じないのかな?

初めは私たちと教えてくれた人たちの4人でしたけど、
そこに通りがかる人が足を止め、
写真を撮ったり7~8人が見ていました。
主人のK-30はシャッター音が大きめだけど、
それでも、食べることに夢中のよう^^



でも、ようやく気づいたらしい^m^






 「じぇじぇじぇぇ いっ いっぱい見てる@@」

何人もの人に見られてて、
さぞ驚いたことでしょう




 「えぇぇ? なんで気づかなかったんだろう・・・」

鹿さん突然のことに頭の中???なのか、
のっそりのっそり立ち去って行きました。


鹿に出会えて楽しかったぁ♪

このコースで下山しなかったら・・・、
この場所で立ち止まって風景を撮らなかったら・・・、
通りがかって教えてくれる人がいなかったら・・・、
この面白い鹿には出会えなかったと思うと、
不思議な出会いのタイミングをとても感じました^^


*  *  *  *  *  *

今、森林の鹿の食害はとても深刻、
だけど鹿は自然を荒らそうと思っているわけではないし、
ただ普通にここで生活してるだけなんですよね。
何かバランスが崩れてしまったのでしょうね。
ある団体はオオカミを復活させるといいと言われているけど、
それは怖すぎる。
オオカミは人を襲わない・・とも言われているようだけど、
それは確かなものではないし、
万が一 ということあるかもしれないし・・・、
今のように山歩きを楽しむことができなくなるかもしれないし・・・、
やっぱり怖い><

山の自然と鹿と人とがよりよく共生できまるように・・・
良い方法があるといいですね。


** お手数でなければ、お願いします **
ブログランキングサイト
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ FC2ブログ☆ランキングへ


皆さまにとってステキな一日でありますように・・・
  
関連記事
スポンサーサイト

[2013/10/29 09:30] 山歩き | TB(0) | CM(4)

こんばんは^^

私のお気に入りの場所では、よくニホンカモシカに会いますよ^^
いつも楽しみにしてる、マツムシソウ。
今年は全然咲いてなくてね。。
この異常気象のせいもあるだろうけど
シカに花芽を食べられちゃってるのもあるかも・・
フンが、たくさん落ちていたので。
けど、彼らも生きていくために必死だし
なかなか難しい問題ですよね。。

オオカミ・・熊も怖いけど、オオカミはもっと怖そう・・
これまた、なかなかに難しい問題・・

↓カメラの件、フォーサースだと、やっぱりボケ具合が違う?
うーん・・そうかぁ・・
実際に使っている人の意見は、とっても参考になります。
ありがとね♪
どっちにしても、今すぐどうこうは無理なので^^;
またじっくり考えてみます~
[2013/10/29 23:42] kitori* [ 編集 ]

kitori*さんへ

こんにちは
kitori*さんはシカによく会われるんですね^^
私、初めてでした。
シカによる食害の深刻さを聞いてはいても、
見れば可愛いと思ってしまいます。
そう、彼らも必死に生きているだけですよね。
こちらでは先日も新聞にシカの記事がありました。
ホント難しい問題ですね。

熊も怖いけど、熊鈴とかクマ避け対策があるよね。
オオカミは・・どうなんでしょ?
人は襲わないって言われても、
それは確かなものでもない気がしますよね。コワイ><


カメラね、APS‐Cとマイクロフォーサーズ、
パンフォーカスでの差はあまり感じないと思いますけど、
ボケは同じ条件下だと
撮像素子の大きさによる差があるようです。
被写界深度の差とか数字的にはわずからしいのですけど、
でも、そのボケ具合のわずかな違いで、
写真の雰囲気がちょっと変わる気がします。
でも、それはレンズや構図とか条件を変えれば、
同じようなボケは作れるのでしょうけどね。

私が最初にミラーレスを購入した頃は
オリンパスとパナソニックとソニーくらいだったと思うけど、
今はミラーレスの種類も豊富で、
デジイチもどんどん小型軽量化してますね@@
じっくり考えてお気に入りを見つけて下さいね~♪
そういう時間がまた楽しかったりしますよね^^
[2013/10/30 10:44] 七桜(nao) [ 編集 ]

鹿さん、お食事に夢中で
パパラッチに気づかなかったとは(笑)
出会えて、たくさん写真撮れて良かったですね ♪
私は去年の夏、林の中で初めて出会って
その時はコンデジでしか撮影できなくて残念でした
トロントは都会だから鹿はいないだろうと思ってたら
ちょっと前、長男が近所の庭園
(私が時々花の撮影に行ってる場所)のベンチに座って
友達を待っていた時、彼の目の前を
巨大な鹿が横切ったと聞いて、ビックリしました
携帯で写真撮らなかったの?と聞いたら
そんな暇はない、一瞬の出来事だったそうです
いつ、何処で、誰(何)に出会えるか分からないですね!
トロントにはコヨーテが生息しているらしく・・・
人間を襲うことはないけど
小さい猫や犬は危険だという話を聞いたことがあります
人間と自然が仲良く共存できるような環境
現実には難しいけど、コレが理想ですよね☆
[2013/10/31 00:34] *cranberry* [ 編集 ]

*cranberry*さんへ

ホント、面白いシカでしたヨ。
主人が以前に出会ったシカは、
視線を感じると「ピャァ~」と鳴きながら走り去ったらしいです。
このシカも視線感じてサッと逃げるものと思ってたら、
ぜんぜん気づかないんですよ。
で、気づいた時 あの顔です(笑)
で、のっそり のっそり去っていきました@@
どうしたことでしょう、人に慣れてしまったのでしょうか?
それともまだ幼いのでしょうかね?

トロントにはコヨーテがいるんですね。
生態系のバランスのためにオオカミは必要なのでしょうかねぇ?・・・
でも、そうですよね、家畜やペットの被害に遭う可能性は高いですよね。
もともとはそれが原因で完全に駆除されたようです。
基本的には人を襲うことはないと言われているけど、
悪い条件が重なると稀に人も被害に遭うらしいですし、
今は異常気象などで自然環境も悪くなることがあるし・・・、
そういう今の自然環境の中で復活させて大丈夫なのか?とも思います。

山歩きを犬と楽しむ方も多いけど、
もしオオカミが復活したら、犬は連れていけないですね。
一人山歩きも避けたほうがいいらしいですし、
シカとオオカミの復活・・これは難しい問題ですね。
[2013/10/31 11:40] 七桜(nao) [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urarakanakaze.blog23.fc2.com/tb.php/798-28566cdf


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。