スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

山陰へお出かけ*足立美術館&・・・* 


先月月末に、久しぶりに家族みんなでお出かけ、
島根県の玉造温泉へ行ってきました^^
向かう途中で足立美術館に寄り、
日本画と日本庭園を鑑賞しました。


建物の窓から美しい額絵のように見える庭園
<生の額絵>
「庭園もまた一幅の絵画である」
創設者足立全康の言葉そのままに作成された庭園は、
見る人を魅了し続けます。
(足立美術館HPより)


楠と枯山水庭

足立美術館 生の額絵 楠と枯山水庭


私も美術館の案内を真似て撮ってみました。
立ち位置が悪かったのか、
ちょっと窓枠が歪んで見えますがf^^;

なんて綺麗な風景なのでしょう。

四季折々のとても綺麗な額絵になるそうですヨ。
見学の方がけっこういらっしゃるので、
人が居なくなったところでササッと撮りました^^

この窓にくっついて庭園を見てる方もいましたが、
やっぱりここは離れて見たほうがステキかも♪

久しぶりのお出かけなのに雨で、ちょっとガッカリしてたけど、
このような写真を撮るには晴れより良かったかも


同じ楠と枯山水庭を別の窓から。

足立美術館 楠と枯山水庭


窓ガラス越しなので、
室内のライトが枝のところに映りこんでます。
実は1枚目は楠のところに映りこんでいて(*´□`)ガーン!
あまりに目立つのでそれは画像編集で消しましたf^^

しかし、つくづく思う、
雨だったので日差しの影が出ることなく、
とてもしっとりとした日本画のよう。


そして、こちらは
生の掛け軸


生の掛け軸


ここも窓を利用して掛け軸のような絵になるのですが、
ここはなかなか難しいところで・・・
外で庭園鑑賞している人が写ってしまう。
ちょっと待ってなんとか1枚だけ撮れましたが、
すぐに人が入ってしまう。


生の掛け軸


このように人が入ってしまいます。
とよく見れば、
前にいる二人はうちの子供たち、
次男はさらに先に行ってるのか?・・
私と主人は置いて行かれました


足立美術館 日本庭園 


足立美術館の日本庭園は、
アメリカの庭園専門誌で、
11年連続で日本一に選ばれたそうです。

《2013年日本庭園ランキング上位5位》
1位 足立美術館(島根県)
2位 桂離宮(京都府)
3位 常盤ホテル(山梨県)
4位 平安会館(京都府)
5位 山本亭(東京都)

米国の日本庭園専門誌
「Sukiya Living(数奇屋リビング)/ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」
(足立美術館HPより)


Sukiya Living/ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニングのサイトに
(HP・・http://gardenrankings.com/
日本を代表するくつろぎと美の空間
-Sukiya Living Environment-
日本庭園ランキング 第1位より50位まで載ってます^^


足立美術館 日本庭園


冬、雪が降ると、
それはまるで水墨画のようになるそうです。

日本画はたくさん展示されていました。
とても印象に残ったのは、
勝田 哲 (日本画)   「夕べ」
よくある日本画美人のような妖艶さはなく、
やわらかな表情でとても美しかったです。


そして、
しっとりとした日本画と庭園の鑑賞のあとは・・・
あら えっさっさぁ~~
・・・Read More へ

** お手数でなければ、お願いします **
ブログランキングサイト
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ FC2ブログ☆ランキングへ

 

足立美術館の隣にある安来節演芸館で、
伝統芸能を楽しみました^^





民謡を聞いたり、
民謡に合わせてのいろいろな踊りなど。





御年齢を感じさせない素晴らしいハリのある歌声で、
お~~ぉ~お~~~ぉ~~お~~~~~~
どんだけのばすのか?というほど、
すご~い肺活量でビックリしました@@


小皿を打ち鳴らしながらの踊りや、




銭太鼓というジャラジャラ音がする棒を
持ち替えたり床にドンドンとして打ち鳴らしたり、
それはすご~い速さで勢いがあって楽しかったです。




そして、

どじょうすくい


本場の安来節を聞きながらのどじょうすくい

表情が豊かで動きがコミカル^m^

最後に来場者5人が衣装を着て舞台へ上がり、
どじょうすくい体験してましたヨ。
えっ?うち? うちは見てるだけでした^^


温泉の旅 次回へ続く・・・


皆さまにとってステキな一日でありますように・・・
 
関連記事
スポンサーサイト

[2014/04/05 09:00] 山陽☆山陰 | TB(0) | CM(4)

窓枠が額縁のようになって、絵のように見える景色
とってもステキな日本庭園ですね!
日本庭園と聞くと、京都を連想しちゃうけど
こちらの足立美術館が一位とはっ(驚)
トロントでは美しい日本庭園が見れないので
嬉しい画像に食いついて見ています(笑)
どじょうすくいのイメージ・・・懐かしすぎるっ(^m^)
[2014/04/05 11:36] *cranberry* [ 編集 ]

足立美術館に行かれたのですね。

私も何度か訪れましたが
この場所から見る庭園は素晴らしでしょう?

亡き父とゆっくりお茶を飲みながら
時間も忘れて見たことを思い出しました。

絵画もいいものが多かったです。

玉造温泉、いいお湯でしか?

続きを楽しみにしています。
[2014/04/06 22:36] 葉月 [ 編集 ]

*cranberry*さんへ

広い日本庭園をどう切り取ったらいいのか?と思いましたが、
このように設定してくれてるところがあると、
私でもとっても素敵に庭園を撮れます^m^

アメリカの日本庭園の専門誌のランキングは、
その規模や知名度によらず
純粋にその美と質で評価しているランキングなのだそうです。
(世界各国の専門家による評価)
ランキング見たら寺社や史跡の庭園もありましたが、
旅館や料亭の庭園もありましたよ^^

どじょうすくい♪ 簡単なようで難しそうな動きですよね。
*cranberry*さん、懐かしく思っていただけましたか♪
日本を感じていただけたようで良かったです^^
[2014/04/07 15:35] 七桜(nao) [ 編集 ]

葉月さんへ

葉月さんは何度も行かれているのですね♪
この生の額絵のところは
ほんと素晴らしいですね。

この日は小雨で山には霧がかかっていて、
しっとりとしてて 幻想的でもあって、
まさに日本画の世界でした♪

玉造温泉、いいお湯でした♪
久しぶりに温泉でゆったりしました。
うちの娘、温泉好きなんですよ^m^
[2014/04/07 15:51] 七桜(nao) [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urarakanakaze.blog23.fc2.com/tb.php/859-38f0f97c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。