スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

花火に想いを 


7日、隣町で花火大会がありました。
県内では一番の人出になる花火大会ですが、
今年も昨年と同じ、人が少ない場所(穴場?)で見ました。



今年はカメラでの写真撮影はしなかったのですが、
花火を見ている時に
長男からメール「友達と夕ご飯食べてから帰る」と、
なので、花火をiPhone(アプリ:Alt Photo)で撮って写メで返信^^



意外にもそこそこ撮れてるので何枚か撮ってみました。
トリミングなしです。
4:3設定があるのを気付かず、
スクエアで撮ってました



それにしても、iPhoneでよく撮れたものです。
(もともとついてるカメラアプリでは綺麗に撮れませんでした。)
この見てた場所がすごいところで、
花火の中にすっぽり入ってるのかと思うほど、
大きく花火が見えるところでした。



納涼花火大会ですが、
花火は供養の意味もあるのですよね。
花火を見ながら想う・・・。


わが家のうさぎの花ちゃん、
8月2日に永眠しました。
(追記は花ちゃんのお話なので・・・スルーしていただいても・・)


皆さまにとってステキな一日でありますように・・・


花ちゃんは6月に入ると
ウォーターボトルの水をこぼすようになりました。
ボトルの調子が悪いのかと新品に替えてもこぼれる。
もしかして歯の不正咬合で飲みにくいのかな?と思って、
6月中旬、動物病院で診てもらいました。

片方の奥歯の先が少し舌の方へ曲がっているので、
それが原因かもしれない とのことでした。
緊急を要するほど伸びてるわけではないので、
治療は急がなくても大丈夫と言われ、
6月下旬にと思ったのですが、
病院の都合もあり治療は7月1日となりました。
奥歯なので麻酔治療になります。
繊細なうさぎさんは麻酔で命を落とすこともあるらしい。

7月1日って・・・、花ちゃんの8歳の誕生日。
誕生日に麻酔でもしものことがあったら・・・どうしよう・・、
と思ったけど、花ちゃんはきっと大丈夫。
これからまた元気に過ごすために、
誕生日に大切な歯をすっきり整えて・・・と思うことにしました。


以前に撮った写真 換毛期でお顔に線が^^;
でもとっても穏やかな表情でしょ。


病院から治療が済んで
麻酔からさめたと連絡をもらって迎えにいくと、
いつも通りの花ちゃんで、ほっとしました^^
さすが、花ちゃん♪
うさぎさんは繊細と言われているけど、
花ちゃんはあまり動じないというか、
で~んとしたものを感じます^^
過去数回ペットホテルに預けたけど、
その時もマイペースでいつも通りに過ごしてました。

病院へお迎えに行った時、
詳しく歯の状態と治療の内容を説明して下さり
そして、
念のため行った血液検査とレントゲンの結果を話して下さいました。

血液検査では貧血になっていること、
レントゲンを見ながら
肺と腎臓近くに腫瘍のカゲがあると言われました。
肺の腫瘍は転移したものとみられ、
手のほどこしようがない状態で、
1年・・・或いは数カ月、
もしかすると
もっと早いかもしれない と診断されました。

思いがけない病気の告知に、
ちょっと私の頭の中はぽかんとしてました。
花ちゃんは食欲はあり、糞も尿も何も変わりなく、
ただお水をこぼすようになっただけだったので、
そんな病気になっていたとは思いもしませんでした。
それはほんとに確かなのだろうか?・・・と思ってみたり。

しかし、それから少しずつ少しずつ体力が落ちて、
7月中旬を過ぎるとトイレをあまり使わなくなったので、
トイレを除けて広々としてあげました。
お尻周りがおしっこで汚れることがあるので、
毎朝花ちゃんのしっぽとお尻周りを
綺麗にしてあげることが日課になりました。
なんだか小さな赤ちゃんみたいで
とても可愛いのです^^

体力が少しずつ落ちてはいるけど食欲はあって、
常にペレットは完食、
牧草も今まで通り、散らかしながら食べて^m^
大好きな人参とキャベツはもっとないの?って感じ。

なので、まだまだ大丈夫
まだ数カ月の時はあると思っていました。

ところが、7月月末近くになるとさらに足が弱まって、
お気に入りの木のベッド(ボックス)の縁、
高さ10cmを乗り越えられなくなりました。

8月1日、朝はいつも通りにペレットを完食、
昼過ぎもいつも通り、
夕方、仕事を終えて夕食準備の前に花ちゃんを見ると
横たわって寝ていました。
いつもの夏なら暑くて横たわってでれ~んとしてますが、
今年は春から一度も横たわって寝ることがなく、
いつも冬の頃のようにうずくまるように寝てたので、
(もしかしたら、苦痛や違和感で横たわることができなかったのかも。)
様子がおかしいと思い近づくと、
足を動かすのだけど立ちあがることができませんでした。

その夜はペレットをお口にもっていっても食べたがる気配はなく、
かろうじて大好きなキャベツとニンジンをほんの少し食べました。
お水を飲めないのでシリンジであげたのですけど、
お水はあまり飲みたがらないのです。
それでも、時々足を動かして寝る向きを変えていました。

翌朝(8月2日)、6時過ぎ、
呼吸は夜より弱くなっていました。
花ちゃんをなでてあげて、
シリンジでお水をほんの数滴お口に入れてあげました。
しばらくなでていると呼吸が変わって、
6時25分頃永眠しました。
その後も「8年間ありがとうね」としばらくなでてあげました。

花ちゃんが病気とわかってから、
花ちゃんに「絶対一人ぼっちで旅立ってはだめよ」
と言っていたので、
それを守ってくれたんだと思います。
いつのまにか旅立っていた・・は悲しすぎますから。

7月1日に病気を告知されてから1カ月でした。
あまりにも早かったです。

h-38.jpg


花ちゃんが旅立つ前の夜遅く大きな雷がなり、
旅立った日と翌日は雨が降り続けました。
花ちゃん、なんだかとても印象的な旅立ちでしたね。

眠っているようで、
Y君がぬいぐるみみたいだと言ってましたよ。
(花ちゃんは普段から片目が少し閉じぎみだったので、
 目を閉じてあげることができました)



お二方に花ちゃんの病気をお話ししてました。
きっと心配して下さっていたと思います。
ありがとうございました。

子供たちが夏休み中は何かと忙しく
コメント欄閉じさせていただきます。
読んでくださりありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

[2014/08/09 09:00] マリーと花(わんこ&うさぎ) | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urarakanakaze.blog23.fc2.com/tb.php/930-c746e055


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。