スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

娘と一緒に 


娘は夏休みの宿題の感想文を
『赤毛のアン』で書きました。

ほんとは違う本で書こうと読んでいたけど、
感想文書きにくそうだと言って中断、
昨年の夏に読んだ『赤毛のアン』を再び読み直して、
感想文を書きました^^

『赤毛のアン』は私も中学だったか高校生の頃に読んで、
何冊か読んだけどシリーズのどこまで読んだのか
すっかり忘れてしまいました。
あまり文学少女ではなかったからね

それで、あらためて私も娘の本を読んでみました。
だいたいのストーリーは知っているけど・・・、
とっても新鮮な感じ

風景や木々や花などの自然はとっても素敵に描写されていて、
アンはとても純粋で、
語る言葉はとっても可愛く、面白かったり、
深さもあって、素敵な言葉がたくさん

『赤毛のアン』はこんなおばちゃんになっても楽しめる、
読む年齢それぞれに感じさせてくれるものがある物語だったんですね。

私もアンシリーズを読みたくなって、
子ども向けではちょっと物足りないので
自分用の文庫本を購入。




娘のは青い鳥文庫、
可愛い挿絵がとってもお気に入りらしい^^
ほんと可愛い。

私は何人かの方が翻訳されているみたいなので、
いろいろ調べてみて、本屋さんでパラパラッと見て、
1~3冊目は松本侑子訳で(読みやすかったのでf^^)
それ以降は村岡花子訳で読んでみようと思います。

(松本侑子訳は注釈がたくさんありますが、
読み終わってから注釈を見ればまったく気になりませんでした。)


『アンの青春』を読み終わり、
今は『アンの愛情』を読んでます。

もうアンに心ほっこり癒されてます。

アンのファンの皆様から
今頃わかった?とお叱りうけそうですねf^^


読んでるともう風景がたまらなく気になって、
ついついこちらの本も。





きれいな風景にうっとりです。

娘と一緒にアンを楽しんでます。

皆さまにとってステキな一日でありますように・・・
関連記事
スポンサーサイト

[2014/08/22 09:00] 日々の中で | TB(0) | CM(6)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/08/22 15:53] - [ 編集 ]

こんにちは ♪

赤毛のアン大好き人間です(笑)
学生時代に文庫本を図書館で借りて読んだけど
毎週日曜日に見ていたアニメがインパクト強くて
赤毛のアンの姿や声のイメージは
本を読んでもアニメのまんま・・・
カナダで製作された映画を見に行った記憶もあります。
いつか、英語の原本を読もうと思いつつ
まだ実行できてません(汗)
「PEI に行きたい!」と言い続けて何年???(笑)
旦那が東海岸に興味ないので、一緒に行ってくれる友達を募集中 ♪
七桜さん・・・いかがですか??? (^m^)
アンの台詞って、奥が深くて感動しますよね~☆
[2014/08/23 01:18] *cranberry* [ 編集 ]

鍵コメ様へ

はじめまして。
HP見させていただきました。
お返事は先日メールさせていただきました。
[2014/08/23 15:50] 七桜(nao) [ 編集 ]

*cranberry*さんへ

こんにちは^^

赤毛のアン、いいですねぇ。
そうそう日本のアニメの印象が強いですよね。
ちょっと違うように思いますよね。
娘の本のイラストはとても可愛いです♪
すごくイメージが変わりました^^


アンの言葉はほんと奥が深くて、
ステキな言葉がいっぱいで感動しますねぇ。
それに風景もステキ☆
現在のPEIもステキですねぇ(本で見ましたf^^)

*cranberry*さん、行けるといいですね♪
いつか*cranberry*さんのブログに
PEIの風景が載るといいなぁ。ステキだなぁ。
そうしたら、私も行った気分になれるんだけど(^m^)
[2014/08/23 16:12] 七桜(nao) [ 編集 ]

アンの世界って今、大人の間でもブームだと
TVで見ました。

どういう本でもそうなのですが
今の自分の感じ方ってありますよね?

年月を重ねいろいろな経験を重ねて来た分
見たかも違ってくるのだと思います。

お嬢さんと共有できるいいきっかけが
ありましたね。
[2014/08/23 21:38] 葉月 [ 編集 ]

葉月さんへ

赤毛のアン、
ほんとに深い言葉も多くて、
ほぉ と思わされます。
きっとストーリーの中に
キリスト教の教えが根底にあるので、
そうなのかもしれないですね。
昔読んだ時はその部分はあまり心に残らなかったかもf^_^;
成長していくアンもステキで、
こんなに楽しめる物語だったのかと
あらためて感じました^ ^
[2014/08/27 07:23] 七桜(nao) [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urarakanakaze.blog23.fc2.com/tb.php/931-e76911a0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。